後世への最大遺物

掛川市を拠点として日本語オンラインレッスン・PR支援事業を営む株式会社あらまほし代表取締役・戸田のBlog

政策

地域意見交換会 in 長崎・大村(2016/10/09)

朝6時半頃の新幹線に乗って品川、モノレールで羽田空港へ。羽田から長崎空港へ飛び、タクシーで長崎県大村市のプラザおおむらへ。 同会場にてイニシアチブNipponプロジェクト 地域意見交換会 in 長崎・大村に出席。 毎度のように議論を聴きながら議事録を作…

地域意見交換会 in 新宿(2016/10/01)

午前中は秋葉原のカフェにて各種メール対応。 午後は新宿に移動し、14時00分よりイニシアチブNIPPON地域意見交換会 in 新宿に出席。 今回の意見交換会も、新宿区長をはじめとした区役所関連部署や、民間企業、医療機関、日本語学校など、さまざまな関係者が…

外国人が活躍しやすい「場」をつくる国際化戦略

本記事は、毛受敏浩編著『自治体がひらく日本の移民政策―人口減少時代の多文化共生への挑戦』(明石書店)に寄稿したコラムの原案である。 同書は、日本の地方創生に関する現状、これまでの多文化共生政策の歴史を概観した上で、各地域においてその第一線で…

イニシアチブNipponプロジェクト地域意見交換会 in 兵庫・豊岡(2016/09/03)

寝坊して予定の電車を1本逃したものの、なんとか間に合わせて午前7時に東京を出立、兵庫県豊岡市は城崎へと向かう。 正午過ぎに未来を創る財団の面々と合流し、13時より予定通り開催された「イニシアチブNipponプロジェクト地域意見交換会 in 兵庫・豊岡」に…

掛川市多文化共生推進プラン策定委員会に参加しました

本日、第2次掛川市多文化共生推進プラン策定第1回市民委員会が開催されました。 戸田も市民公募委員の一人として委嘱を受け、出席しました。 16名の委員のうち、約半数の7名が外国人、しかもブラジルだけでなく、中国、タイ、フィリピン、メキシコ、ガーナ、…