後世への最大遺物

静岡県掛川市を拠点とするベンチャー企業 株式会社あらまほし代表のブログです

起業するとは経営者としての人生を選択するということである

他人の失敗から学びなさい。あなたがすべての失敗を経験できるほど人生は長くないのだから。

−エレノアルーズベルト

 

和波俊久『ビジネスモデル症候群 なぜ、スタートアップの失敗は繰り返されるのか?』(技術評論社,2017)を読んだ。

 

本書の要点は以下の通り。

  • バイアスのかかった仮説検証、直感に依拠したアイデア、経営の度外視、手段の目的化、失敗のループといった"ビジネスモデル症候群"にかかることで、多くの起業家が失敗している
  • 起業を成功させるための第一要因はビジネスモデルではない
  • ビジネスモデル崇拝から脱却し、「経営」と「人生選択」という起業の本質に立ち返る必要がある

 

自分自身、創業して2年と少しになる起業家(一応)だが、本書の言う失敗のループにまさに嵌っている。

これまでの2年間に日本茶Eコマース、日本語オンラインレッスンという2つの自社事業を立ち上げているが、いずれも成功したとは言い難い状況で頓挫した。

 

どうしてもビジネスモデルをその原因だと決めつけ、また新しいビジネスモデルのアイデアを創らないと……という考えに囚われていたが、必ずしもそれだけではないのかもしれないな、とその考えを改めることができた。

むしろ本書の「起業とは経営を続けることである」という観点から言えば、生き残ってはいるわけなので、まだ失敗したとは言わなくてよいのかもしれない。

 

筆者は「起業家の1年目の仕事とは、『やりたいこと・できること・求められることの3つを一致させるための仕組み』を構築することだ」(p.178)と述べている。

すでに3年目で未だにこれらができていないのは甚だ問題だが、こうした仕組みを構築し、失敗のループから抜けられるよう起業家としてのReスタートを切りたい所存である。

逡巡

今日は大学時代からの親友の結婚式だった。

本当におめでとう。

 

披露宴と、その後に十年来の親友たちと呑んで触発されたので、少し青臭い話をする。

 

今にして思えば随分と傲慢だった。

「自分は何者にもなれるし、何でもできる」と考えていた学生の頃。

就職活動をする時に考えていたことは「自分の才能を社会のどこに配置するのが世の中にとって最適なのか」ということだった。

 

卒業後、民間シンクタンクに入社した僕は5年の歳月をそこで過ごした。

幸いシンクタンクの仕事は僕に向いていたようで、有り体に言って優秀な若手研究員だったと思う。

会社の看板と資金をフルに活用し、新しいプロジェクトも立ち上げた。

 

その時、僕は会社の力でできたことを自分の力と勘違いしてしまった。

もっと自分の力と時間を自由に使える環境に身を置いた方が社会のためになるのではないかと考えた。

2年前の4月いっぱいで退職し、自分の会社を興した。

 

しかし、起業してからというもの、たくさんの、本当にたくさんの失敗を積み重ねている。

果たして起業という選択肢が本当に正しかったのか、まったく自信がない。

今は、有り難いことに、たくさんの人に助けられながら、目をかけてもらいながら、その支援のおかげで首をくくらずに済んでいる。

 

けれど、起業してからの2年強、胸を張って誇れるような実績を一つもつくれていない。

根拠のない自信は時限のあるものだったか、いつまでも根拠がないままでは苦しく、揺らぎ始めている。

 

自営業、起業家というのも一つの働き方でしかなく、そのこと自体に価値があるわけではない。

自分には経営者は不向きで、どこかの会社の専門職として生きる方が合っているのではないか。

その方が自分の能力の活かし方として、社会のためにもなるのではないか。

二度目の決算を終えてからここ最近、そんなことをぐるぐると考えている。

 

30歳を過ぎ、友も皆それぞれの道を進んでいる。

もちろん僕の知らない迷いもあっただろう。一人で耐える夜もあったろう。

それでも彼らはめざすべき道を一歩一歩、着実に歩んでいる。

そんな友に恥じぬ人生を歩みたい。

 

自分に何がどこまでできるのか。 

壁にぶつかるまで走ってみないことには、自分の枠がどこにあるのかすらわからない。

 

もう僕も来月には31歳になる。

そろそろ見極めねばらならない時期か。 

一般社団法人グローバル愛知 設立パーティーに出席しました

去る8月31日、一般社団法人グローバル愛知 設立パーティーに参加させていただきました。 

global-aichi.or.jp

中小企業の人材不足解消と留学生の就職率向上をミッションに掲げ、企業交流会や日本語学習講座などを企画・運営されている団体です。

企業自らが主導して設立、運営している点が大きな特徴であり、先進的なモデルではないかと思います。

こうしたアクションにより、留学生と企業のマッチングが進むのではないでしょうか。

今後の展開がとても楽しみです。

(というかこうした動きをこそ、本当は自分が仕掛けていきたいところです…)

 

f:id:todayuya:20170902233354j:plain

f:id:todayuya:20170902233410j:plain

f:id:todayuya:20170902233431j:plain

パートナーの退職について

大変に今更なのですが、6月末日を以って、株式会社あらまほしの共同代表が退職しました。

 

昨年2016年11月に合流、共同代表に就任してもらい、日本語オンラインレッスンサービスのAniguageを一緒に共同開発してきたのですが、この度独立して同サービスを運営したいという意向でした。

そのため、日本語オンラインレッスンAniguageは彼が新規に立ち上げた合同会社Aniguageに事業譲渡しています。

 

個人的には「人を雇う」ということについて非常に学び多き半年強でした。

創業2期目にこうした経験ができたことはとてもよい勉強になりました。

 

またしばらく一人会社に戻りますが、また必要に応じてスタッフの雇用も視野に入れていきたいと考えています。

 

立命館大学「まちづくりと産業」講義:一人ひとりの事業が地域を変える

昨日6月20日、立命館大学の「まちづくりと産業」という授業にてゲスト講義をさせていただきました。

 

同授業でのお話させていただくのももう4年目になります。

毎年ブラッシュアップはしてきたのですが、今年はお話する内容をわりと大きく変更しました。

例年は「産業連関表」という統計資料を解説しながら、地域経済分析の方法について紹介してきたのですが、学生のみなさんからの「むずかしい」という声がたくさんあったので、今年は内閣府経産省の提供する地域経済分析システム「RESAS」を使うことにしました。

 

resas.go.jp

 

RESASは、統計資料を扱ったことがない方でも簡単に産業構造や人口動態などに関する幅広いデータを確認してビジュアル化できるシステムです。

この判断が功を奏したのか、例年より「むずかしかった」「わからんかった」という声は減り、「自分でもRESASを見てみようと思う」「今度レポートを書く時に使ってみたい」などの嬉しい感想が見られました。

 

前半はこうした地域経済分析について紹介し、後半はここ2年間の自分の創業経験をベースに、「地域で事業に取り組むこと」についてざっくばらんにお話しました。

成功体験よりも失敗談を主に話したので、起業やビジネスについて少しでも身近に感じてもらえれば幸いかな、と。

 

当日の講義資料は以下の通り公開しておりますので、ご関心おありの方はぜひご覧ください。

 

アクションを起こすふたり〜「AKB LOUNGE! feat Aniguage」

2017年5月26日、東京・秋葉原にあるコワーキングスペースGARAGE秋葉原とのコラボイベント「AKB LOUNGE! feat Aniguage」を開催しました。

コーポレートサイトにて開催報告をupしておりますので、よろしければぜひご覧ください。

aramahoshi.jp

 

自画自賛になりますが、当日を振り返るととてもよいイベントだったのではないかと思います。

ゲストとしてお越しいただいたウォンさん、しおみさんのお話がとても素晴らしかったです。

おふたりのプロフィールや、お招きした経緯などはこちらの記事をご覧ください。 

todayuya.hateblo.jp

 

ウォンさんもしおみさんも以前から知っていた方ではあったのですが、当日は全然知らなかったエピソードや、現在の会社でどんなふうに活躍されているのかもお聴きでき、個人的にもおもしろく、とても刺激になりました。

 

フリートークでは、フロアからもたくさんの質問があって、みなさん興味津々なようでした。

トーク終了後の交流会の時間がたっぷりあったのもよかったですね。

 

また、お二人のお話はもっとたくさんの人に伝えていければな…と思っておりますので、今回来られなかった方も、次の機会にはぜひぜひ。

 

楽しかったです。

ご来場いただいたみなさま、告知にご協力くださったみなさま、誠にありがとうございました。

大阪で最高のフェス〜『大阪葉月フェスティバル2017』

f:id:todayuya:20170528203950j:plainPhoto by auron ( @auron2 )

 

葉月の誕生日である5月27日、大阪葉月フェスティバル2017が江坂MUSEにて開催された。

最高オブ最高なイベントだった。

 

出演アーティスト

f:id:todayuya:20170528204643j:plain

 

キュートなアイドルユニットから熱いライブをするソロシンガー、ファンダジーな世界観を持つグループ etc... とてもバラエティ豊かな演者が揃った。

ソロシンガーとの交流が深く、幅広い音楽性の楽曲を持つ葉月らしいラインナップ。

 

個人的には青SHUN学園が初見だったけれど印象的だった。

強引にでもフロア全体を巻き込んで、「盛り上がろうぜ!」という強いパワーを感じた。

SHUNさんに見つめられながら拳を突き出された日には「やめろよ惚れちゃうだろ」って感じ。

 

はっちゃん大活躍

f:id:todayuya:20170528205618j:plainPhoto by auron ( @auron2 )

 

葉月は自身のステージだけでなく、小悪魔Doppy#@%&;∞*、パンキング隊、青SHUN学園とのコラボレーションなど、一日中フルで大活躍だった。

 

 

パンキング隊の可愛い衣装も満更でもない(というかわかりやすく嬉しそう)なご様子。

 

復活!葉月BAND

f:id:todayuya:20170528212632j:plainPhoto by auron ( @auron2 )

 

そしてこの日最大の見所はなんといっても、BIGCATワンマン以来3ヶ月ぶりに、今宵限り再結成された葉月BAND(葉月&てんぱーず)。

最高にエモい30分+アンコールだった。てんぱーず最高。

 

セットリストはバンドサウンド中心の"THE HZK"な王道セトリ。

 

1. WATCH OUT

2. No.82

3. VS MADDOG

4. LOOP THE LOOP 〜マッド博士の嗜虐的な実験室〜

5. 狂躁曲第8番2章

6. わんだふる☆カーニバル  

En. REBIRTH TO DEATH

 

葉月の曲は好きな曲しかないけれど、中でも僕は「LOOP THE LOOP」がめちゃくちゃ好きで、イントロがかかった瞬間に最高に昂ぶった。

フロア全体の熱狂も半端じゃなくて、それぞれが感じるがまま、突き動かされるままに身体を動かしていた。

 

そして東京葉月フェスティバルへ 

そしてMCでは葉月から2つの「大切なお知らせ」が。

それは「8月2日高円寺Highにて東京葉月フェスティバルを開催する」ことと「ガールズバンドとして新生葉月BANDを結成する」ことだった。

しかし、そのバンドメンバーはまだ決まっているわけではない、とのこと。

だからこそ、「言わなかったらできんから!」とフロアに対して約束してくれた。

 

それはお知らせというよりは、自らを鼓舞するための宣誓のようだった。

けれど、葉月ならきっとその意志と力で、口にした未来を実現してくれるだろう。

8月2日、生まれ変わった葉月BANDと、彼女たちに魂を揺さぶられている自分たちがありありとイメージできる。

 

そして、最後の一曲。

アンコールに応えた葉月&てんぱーずの「REBIRTH TO DEATH」で、この日のフェスは幕を閉じた。

「これからもずっと音楽を続けていくから!」という彼女の魂の叫びとともに。

 

本当に最高の葉月フェスティバルだった。

この日この場にいられて、この瞬間を共有できてもおう最高にハッピーだった。ありがとう。

 

 

これから葉月と出会う君へ

LOOP THE LOOP」や「わんだふる☆カーニバル」などが収録された葉月の2ndアルバム『マッド博士の嗜虐的な実験室』が絶賛発売中。

SOUNDCLOUDから視聴できるので、気になった人はまず聴いてみてほしい。

 

soundcloud.com

 

そして葉月のTwitterアカウントはこちら。

東京葉月フェスティバルの詳細などもこちらのTwitterから告知される(と思う)のでLet's follow her!

twitter.com

 

ぜひ現場で、ライブを、生きた音楽を。