後世への最大遺物

掛川市を拠点として日本語オンラインレッスン・PR支援事業を営む株式会社あらまほし代表取締役・戸田のBlog

掛川市多文化共生推進プラン策定委員会に参加しました

本日、第2次掛川市多文化共生推進プラン策定第1回市民委員会が開催されました。

戸田も市民公募委員の一人として委嘱を受け、出席しました。

16名の委員のうち、約半数の7名が外国人、しかもブラジルだけでなく、中国、タイ、フィリピン、メキシコ、ガーナ、アメリカ出身と非常に多彩なバックグラウンドをもつ顔ぶれでした。

また、夜に開催されていることもあり、20代の委員が3名、30代〜40代の委員も多く、この手の委員会としてはかなり若い年代のひとたちが集まっているのではないかと思います。

今日は市長からの委嘱式と委員自己紹介、委員長講話が主な内容でしたが、今後委員長の池上先生を中心に、こうしたメンバーと議論していけるのは楽しみです。

これからのアクションにしっかりとつながるプランができるよう、微力ながら貢献していきたいと思います。

 

参考:第1次掛川市多文化共生推進プランの策定過程は以下の紀要にまとめられています。

池上・浅山「多文化共生推進プラン策定に向けた市民と行政の協働 : 生涯学習都市・掛川における多文化共生の指針づくり」